WOOL lAYERWOOL lAYER

ウールレイヤー

最上のウールのやさしい肌ざわり最上のウールのやさしい肌ざわり

最上級ランク
「エクストラファインウール」
のここちよさ

ウールレイヤーに使用しているのは、カシミヤと同等の細さ(15.5ミクロン)を誇る「スーパーエクストラファインメリノ」。
繊維が細いためウール特有のちくちく感がほとんどなく、さらに繊維表面の毛羽立ちを取る加工を施しているため、肌ざわりがより一層なめらかに。
直接肌にふれるインナーにふさわしい、やさしい肌ざわりです。
イメージ
春も夏も秋も冬も春も夏も秋も冬も

本物を求める人に愛される、高い機能性本物を求める人に愛される、高い機能性

良質なウールは、春夏秋冬。

日本で人気の高いインナーといえば、綿や麻、そして化繊がスタンダード。夏は暑く冬は寒いという気候に合わせて
インナーの素材を変えるのが一般的です。そんな中ウールは、インナーの素材としてはマイナーな存在でした。
しかし、ウールは高い断熱性と保温性、そして吸放湿性をもつ高機能素材。つまり、寒い冬も蒸し暑い夏も快適に過ごせる素材なのです。

登山家に選ばれる、ウールインナー

ウールの繊維は、水をはじいて湿気を吸収する特殊な構造。そしてその吸湿力は標準状態で綿の約2倍、ポリエステルの約40倍。
この抜群の吸湿力でかいた汗を吸収して汗冷えを防ぎます。また、繊維は湿気を吸着すると「吸着熱」を発生しますが、
ウールはその発熱性も抜群。汗冷えを防ぎながら体をあたためてくれる高機能素材として、冬山に挑む登山家にも選ばれています。

データ データ

冷却効果と断熱性で、夏も爽やか

ウールのもつ高い吸放湿性は、汗をかいた際のベタつきを抑えると同時に、
汗をかいてその水分を体の表面で蒸発させることで体を冷やすという本来のサイクルをサポートします。
また、ウールの断熱性は冷えだけでなく熱も防ぎます。暑い季節はもちろん、汗をかくスポーツシーンにも最適な理由がここにあります。

データ データ

吸湿発熱があるのに夏も快適な理由

ウールは吸湿発熱しますが、夏は汗をかいた時の気化熱の方がはるかに大きいので、吸湿発熱の影響はほとんど無いと言えます。
夏にウールが涼しいのは、衣服内の湿度を下げることで汗の蒸発を促し、その際の気化熱で体の熱を逃しているからです。

イメージ
毎日洗える 匂いにくい毎日洗える 匂いにくい

知るほどに、着るほどに、インナーはウール知るほどに、着るほどに、インナーはウール

洗濯機で洗える、
イージーケア加工のひみつ

ウールの繊維の表面の毛羽立ちを落とすことで、ウールが水にふれることで起こる縮みや形崩れを防ぐイージーケア加工。
この加工を施すことで、洗濯機で洗えるようになるだけでなく肌ざわりもアップ。お手入れは簡単に、着心地はよりやさしくなりました。

特別なケアなしで清潔感をキープ

ウールのもつ特性として、シワになりにくい伸縮弾性、抗菌・消臭性、防汚性、形状保持性などがあります。
さらに化学繊維とくらべて静電気がおきにくいため、着脱の際の不快感や埃などの付着を防ぐことができます。
綿や化学繊維のインナーと同等のお手入れで清潔感をキープでき、さらにより高い機能性を得ることができます。

各繊維の消臭性能

データ データ
イメージ
なぜ、今ウール?なぜ、今ウール?

生分解、そして持続可能な天然素材生分解、そして持続可能な天然素材

使用するウールは、水、空気、太陽、牧草というシンプルな自然の恵みから生まれたオーストラリア産のメリノウール。
多くの合成繊維は廃棄されると土に還るのに大変時間がかかりますが、メリノウールはわずか数年で生分解されて土に還ります。
また、オーストラリアのメリノ羊は毎年新毛を産出するため、持続可能な繊維源といえます。

データ

Ideal   as   a   base   layerIdeal   as   a   base   layer

ベースレイヤーとして最適

高機能アパレルの分野では、ベースレイヤー(インナー)、ミッドレイヤー(衣服)、
アウターレイヤー(ジャケット)からなるレイヤリング・システムが採用されています。
このレイヤリングによって着用者は常に衣類を環境レベルに適用させることができるのです。
15.5μのウール繊維は非常に柔らかく快適なことからベースレイヤー(インナー)として最適であり効果的な吸放湿性を着用者に保証します。

イメージ