本当に気持ちいいステテコ、あります。

There are truly pleasant Steteco.

本当に気持ちいいステテコ、あります。

There are truly pleasant Steteco.

らくちんな履きごこちと豊富な柄で人気のステテコ。もう手放せないという方も多いのではないでしょうか?
すっかり現代のリラックスウェアとして蘇ったステテコですが、このステテコを私たちは、ずっと作り続けています。

ステテコってそもそも何?
ステテコが生まれたのは明治時代。最初は着物の下にはくものとして、洋装が広まるとズボン下や湯上がり着として親しまれていました。つまり、ステテコは早い時期から「インナー」と「リラックスウェア」の両方の役割を兼ね備えていたのです。さらに現代では様々な柄をまとい、「ワンマイルウェア」として進化しています。

ステテコこそ素材が大切!
ステテコの素材は、やっぱり綿!ですが、その綿の加工も大切な要素です。
私たちが、おすすめするステテコの素材は、ずばり「ちぢみ」。楊柳やクレープとも呼ばれるこの素材は、独特のしぼ(凹凸)がある日本伝統の涼感織物です。このしぼがあることで汗をかいても肌に張り付きにくく、さらりとした肌ざわりをキープできます。

ちぢみ素材、実は伸びます!
クレープ素材のもう一つの魅力は、そのストレッチ性。凹凸のない綿の織物とくらべて、横方向へ伸びるという特長があります。つまり、綿100%なのにさらっと涼しく、しかも動きやすい!というわけです。

ひとあじ違う、アズのクレープ
アズのちぢみは、滋賀県高島地区でつくられてきた約200年の歴史を持つ「高島ちぢみ」。豊かな水とちぢみ作りに最適な湿度に恵まれた琵琶湖畔で、熟練の技をもつ職人の手によって生み出されています。アズがこの「高島ちぢみ」を取り扱い始めたのは50年以上も前。職人とメーカーの二人三脚で育て上げたこだわりの素材が、心地よさのためには欠かせません。

ぜひ試してほしい、スーツにステテコ

重ね着って暑いだけなんじゃないの?って思われるかもしれませんが、意外や意外、これが気持ちいいんです。もともとズボン下というインナーとしての側面も持つステテコ。さらりとした肌触りで吸汗性の高い素材を選べば、太ももの裏にかく汗とスラックスが張り付く不快感を軽減できて快適になるんです。
インナーメーカーが厳選した素材とこだわりのデザインで、リラックスタイムをもっと心地よく。