コンセプト

アズのこだわり

着ていることを忘れるほどの心地よさ

株式会社アズが考える下着とは、ひと言でいうと「着ていることを忘れるようなもの」。 不快感を与えないストレスフリーなものであるのはもちろんのこと。心地よさを超えて、まるで空気をまとっているようなインナーづくり…これが株式会社アズのめざす下着です。

 

 

毎日のことだから、お財布にもやさしく

下着って、1年365日、起きているときも寝ているときも着ているもの。 どんなにいい下着でも高価であれば、買い続けることはできませんね。 だから株式会社アズでは、納得のいく品質の生地を使用しながらも、できる限り コストを削減し、お客様にリーズナブルな価格でお届けしています。

 

 

だから生地から自社開発

株式会社アズの特徴は、下着の企画生産だけでなく、生地の設計も独自に行っていること。
生地の風合いや肌触りというのは、糸の組み合わせや繊維の編み方によって、ずいぶん違ってくるもの。だから、「こんな下着を作りたい」と思ったとき、それに最適な生地が市場に流通していなければ、独自で生地を企画し、納得のいくものを自ら生産してしまいます。

 

 

どこまでも、フィット感のために

生地は平面、でも身体は立体的。このギャップを埋めるのが、 株式会社アズ独自のパターンであり、立体裁断です。 丸みを帯びている部分は丸くなるように、腕や股の付け根など 動きのあるところはホールを広く、食い込みやすい部分には食い込みを防ぐ工夫を…。
身体のラインや動きを研究し、長い歴史の中で試行錯誤してきたからこそ、 フィット感の高い下着をご提供できるようになったのです。
このページのトップへ戻る
このページのトップへ戻る